RNAがおくる世界の料理ブログ!!みんなが、お料理の楽しさに気づいてくれますように・・・☆
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集
ちょっとなつかしのスコッチエッグを作ってみました。
スコッチエッグは、イギリス料理のひとつ。
食事のメインディッシュというよりも、軽食として食べられているもの。
コンビニのパンやお菓子コーナーなんかに袋に入って売ってるジャンクフード。
もちろん、あんまり美味しくないです。

名前のとおりスコットランド料理かと思っていたけど、
本当はロンドンのデパート、'Fortnum & Mason'のお総菜コーナーで出されたものなんだそう。
ある日、ジャパニーズスタイルのスコッチエッグを当時のイギリス人の彼にごちそうしたら、
大感激してくれました。 ちょっと甘酸っぱい思い出のある(笑)このレシピ。

AB2F67FDD10D5E3A41ABF79562E81AE1.jpg


Cpicon 半熟玉子のスコッチエッグ

材料:(8個分)

半熟ゆで卵 8個
■ ◎ハンバーグのたね
牛ひき肉(合挽きでも可) 300g
玉ねぎ(みじん切り) 1/2個
パン粉 大さじ3
牛乳 大さじ2
卵 1個
塩こしょう、ナツメグ 少々
■ ◎衣
卵 1個
薄力粉 適宜
パン粉 適宜
揚げ油 適宜

【1】 ハンバーグだねは材料をすべてボウルに入れて粘り気がでるまでこねる。
【2】 半熟玉子の殻をむき、水気をふきとって小麦粉をまぶす。ひき肉ダネを8等分し、卵を芯にしてまわりにつける。
【3】 (2)に小麦粉、玉子、パン粉の順番で衣をつける。中温の油で揚げ、ケチャップやソースをつけていただく。

【コツ、ポイント】◎半熟玉子→M~Lサイズの鶏卵であれば、80℃程度の湯に鶏卵を入れて沸騰させ、7分ほど茹でたあとさらに火を止めて30秒ほど置き、その後冷水に2~3分つけておく。

あと、イギリスでは中の玉子がみじん切りでピクルスやマヨネーズとあえたものだったりもします。

半熟玉子で作れるのは、日本だからです。
イギリスの生卵は、ぜったいに、たべちゃだめ。
サルモネラ中毒になる可能性があるから。その確率、かなり高。
私の友達でも、数人やられて、ひどいめにあいました。
たまごかけご飯は、夢でした。ある日どうしても食べたくなって、
ジャパンセンターに「日本からの」卵をわざわざ買いにいったっけ・・・。

日本にきて初めて生卵をすきやきで食べ、
そのおいしさに感動したイギリス人の友達。
卵かけご飯も大好きだそう。
イギリスに帰国したら、どうするのかな。
卵じたい無ければあきらめがつくけど、
どこにでもあるのに、食べられないって、あきらめがつかないですよね~。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chefrina.blog92.fc2.com/tb.php/14-29c80047
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。