RNAがおくる世界の料理ブログ!!みんなが、お料理の楽しさに気づいてくれますように・・・☆
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集
イタリア料理の「マンマの味」とか、
フランス料理の「グラン・メールの味」」に代表されるものには、
残り物の活用法がたくさんあります。

時間がたって固くなったパンのスープもその一つ。
昔はみんなパンをたくさん焼いてストックしていて、
最後の方に残った、固くなったパンは捨てるのはもったいないので
スープに入れたり、お菓子に活用したりしたんだとか。

スープに入れると、パンのおかゆのようになるのだけど、
私はトロみがついて、おいしいなーと思います。
私の父がイタリアにいたときのマンマもよく作ってくれていたそうで、
私もたまに作ってもらっていました。

イタリアにはこの固くなったパンが主役になるメニューがたくさんあって、
固くなったパンが、なんとも全く違う形で登場するので、それはそれは感動!

そんな感動的なメニューのひとつがこちら★
この前張り切ってパンをたくさん焼いたのはいいけれど、
ちゃんと密封してなくて固くなっちゃったの・・・
でもこれが食べたかったからよかった♪
乾燥したパンって、あることほとんどないから。
でもこのスープを食べると、焼きたてのパンでも乾燥させたくなってしまう。笑

Cpicon きのことパンのトロトロ煮込みスープ

P1060095.jpg

材料:(1人分)

固くなったパン 適量
お好みのきのこ(しいたけ、しめじなど。ポルチーニがあれば素敵!) ひとつかみ
オリーブ油 大さじ1
にんにく(スライス) 1/2かけ
玉ねぎ(みじん切り) 1/4個
ひよこ豆(水煮) 約1/3カップ
水 約200cc
固形コンソメ 1/2個
塩こしょう、粉チーズ 適量

【1】 鍋にオリーブ油を熱し、にんにくと玉ねぎを炒める。
玉ねぎが透き通ってきたら、きのこを加えてさらに炒める。

【2】 ひよこ豆、水、コンソメを入れて数分煮込んだら、パンをちぎって入れる。
水分を吸ってくたくたになったら塩胡椒で味を調える。

【3】 粉チーズをたっぷりふってどうぞ~。

【コツ、ポイント】
乾燥したフランスパンが最適ですが、
クルトンや他のパン(バターや砂糖があまり入ってないもの)でも大丈夫。
すり下ろしたパンやパン粉でも。乾燥ポルチーニがあれば水でもどし、汁ごと入れて下さい。

P1060093.jpg

休日の朝ご飯なんかに、こんなのはいかが~?


これ、日本のなんかににてるな~と思って考えた。

!!
せんべい汁だ!!
青森県の名物です。
湿気ってしまったせんべいは、鍋ものにね★



応援よろしくオネガイシマス☆




thank u (^^)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
なんて美味しそうな料理!
なんか、すっごいおいしそぉー
パンをお料理に入れるって、
斬新!って思うけど、イタリアでは定番なんだねぇ。

せんべい汁?初めて聞いたー!
ぬれせん好きだから、好きかもな。(って全然違うもの?笑)
2009/02/13(金) 17:18 | URL | yukari #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chefrina.blog92.fc2.com/tb.php/97-66017dc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。