RNAがおくる世界の料理ブログ!!みんなが、お料理の楽しさに気づいてくれますように・・・☆
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集
昨日はお友だちが来て晩ご飯をつくりました。
最近一人暮らしを始めたんだけど、
料理はあんまり得意じゃないし、
まだ調理器具はそんなにないし、
時間もない、でもお金もない、
だから自炊したい~!!

という彼女のための、レスキューメニュー!
えびが大好きだということで、えび料理を2品!
電子レンジさえあれば誰でもできちゃう♪

Cpicon 海老のエスニックトマトソース煮

P1060293.jpg

材料:(2人分)

むきえび 約150~200g
トマトソース 150cc
しょうが(すりおろし) 小さじ1強
ナンプラー 大さじ1
香菜 適宜

【1】 耐熱容器に香菜以外の材料をすべて入れ、電子レンジで加熱する。
   (3~5分、えびに火が通ったらOK)
【2】 器に盛りつけ、香菜を飾る。

パスタとかそうめんにもいけそう、
そのままご飯にのっけて丼にしてもOK☆
ナンプラーと生姜入れるだけでエスニックテイストのおしゃレシピにへんしーん


もう一つは・・・
asacopさんがゆかりを使ってるのを見て、
私もゆかり使いたくなっちゃったので、このレシピ。

Cpicon 即席レンチン!えびマヨ★ゆかり風味

P1060302.jpg

材料:(2人分)

えび 約200g
片栗粉 大さじ1
塩こしょう 少々
マヨネーズ 大さじ2 (カロリー1/4のあっさりマヨを使用)
ゆかり 大さじ1/2

【1】 えびは背に包丁を入れ、背わたをとり、片栗粉をまぶす。
   耐熱容器に入れ、約1分半電子レンジにかける。
【2】 えびから出た水分を捨て、混ぜておいたゆかりとマヨネーズを和える。
   レンジでさらに1分加熱してできあがり。

P1060303.jpg

これは自分の中では大HITです!!
マヨ&ゆかり、新発見。
しかもこれ何にでも合いそう!焼き野菜や白身魚なんかにいいかも。
もっと食べたかったね。
と食べ終わった後さびしい気持ちになりました。。。
昨日は色々つくりたかったから、試食サイズだったのー。
今度もっとつくろう。

記事編集
火影さんが教えてくれた、ブリの五香粉煮をさっそく作ってみました。

Cpicon ブリの五香粉煮

P1040954.jpg

材料:(2人分)

ブリの切り身 2切
醤油 小さじ1
日本酒 大さじ1
砂糖 小さじ1/2
長ねぎ 10cm

鍋に調味料を熱し、沸騰したらブリの切り身を入れ、煮る。
煮詰まってきたら長ねぎを入れ、さっと火をとおしてできあがり。

五香粉のすばらしさを、改めて実感。
私、このブリの煮付けの味が大好きで、
でもいつも自分でどうやって作ってもこの味を出せなくて・・・
秘密は五香粉だったのね!!
ブリに使うと、この味に変身するのか・・・

謎が解けて、最高に嬉しい瞬間でした。
火影さん、ありがとうございます!!
これからも色々技を聞き出して、
私も中華料理上手になりたいです♪

記事編集


-----Original Message-----
From: JASSO日本留学担当 [mailto:infoin@jasso.go.jp]
Sent: Monday, December 15, 2008 9:49 AM
To: 'feroze_bd@yahoo.com'
Subject: scholarship

Dear Md. Golam Feroze

Hello, thank you for your inquiry about scholarship.

Here is the information of Scholarship.
A GUIDE TO SCHOLARSHIP
http://www.jasso.go.jp/study_j/documents/scholarships07_e02.pdf
Please read carefully and find programmes which you are eligible.

As for the scholarship programmes which can be applied before coming to Japan, you may be disappointed that only a few scholarships are available.

However, once you come to Japan and enter one of educational institutions, you will have more opportunities to apply for scholarships, which includes ones by universities.

Normally you can only apply to the scholarships through the institution you will be enrolled in, so you should ask the institution once you get entrance permission.

Please feel free to contact me if you have any further questions.
Good luck!

Best regards,
Rina Miura
JASSO Information Centre for International Education
-------------------------------------
独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)
留学情報センター 日本留学担当 三浦
〒135-8630 東京都江東区青海2-79
Tel:03-5520-6111 Fax:03-5520-6121
E-mail:ij2@jasso.go.jp
------------------------------------
先日うけた健康診断の結果が来ました。
大学を卒業してから一度もうけていなかったため、
なにかひっかかるんじゃないかと相当ドキドキ。
イギリス留学中は気をつけてはいたけど結構不健康だったし、
お酒の味も覚えたし、コーラも毎日飲んでるし。

でも結果は◎!9/10がA判定でした★
(一つはBだったけど問題なしということで=3)

一番心配していた貧血検査もクリア。
今後も食生活には気をつけようと思います。
私の食生活の基本・気をつけてることは:
緑黄色野菜
肉より魚
レバーを食べる
タンパク質(特に豆腐や豆類)を多くとる
動物性油より植物性油
砂糖よりはちみつ
ご飯は玄米、雑穀米
なるべく薄味
毎日果物

外食は付き合いでは行くけど、
なるべくしないようにしています。
平日の昼もお弁当持参。
大変といえば大変だけど、
健康には変えられません★☆

昨日は鮭を焼いて、
高カロリーのものをよりヘルシーに作りたいと思って、
アボカド&卵でタルタルソースを作ってみました。
アボカドのおかげで、マヨネーズを入れていないのに
入っているかのようなクリーミーさ♪
とても気に入ったので、色々な料理に添えてみたいと思います。
今日はこれとハムでサンドイッチのランチでした☆

Cpicon サーモンムニエル アボカドタルタルソース

salmontartar

材料:(2人分)

鮭の切り身 2切
小麦粉・塩こしょう 適宜
■ ◎アボカドタルタルソース
アボカド 1/2個
ゆで卵(細かく刻む) 1個
牛乳 大さじ1
ワインビネガーor酢orレモン汁 小さじ1
玉ねぎのみじん切り 大さじ1
■ 塩こしょう

【1】 アボカドタルタルソースはアボカドを潰し、他の材料を全て合わせて混ぜ、塩こしょうで味を調える。
【2】 鮭は塩こしょうをしてから小麦粉をまぶし、フライパンで両面焼く。
【3】 上からタルタルソースをたっぷりかけてめしあがれ★
記事編集
うちで育てていたバジルの葉っぱを、全部摘み取って、ペーストにしました。
寒くなって、もう元気に育たなくなってしまったので。
残念ですが、おいしいうちに、いただきます。

イギリスにいたころ、みんなが「ペスト」と呼んでいるものがあって、
なんだろ~とずっと思っていましたが、それはこのジェノベーゼペーストのことでした。
イギリスだけじゃなくて、ヨーロッパではペスト=これのことみたい。
それだけ人気があるってことでしょうか。

ジェノベーゼペースト
ジェノベーゼ
材料:(小瓶1つ分(150mlくらい))

生バジルの葉 50g
にんにく 1片
オリーブ油 80cc
松の実 60g
塩 小さじ1/2

【1】 松の実とにんにくとオリーブ油少しをフードプロセッサーに入れて回す。
【2】 松の実が好みの大きさになったら、バジリコの葉を入れて、残りのオリーブ油を入れて回してペースト状にする。
【3】 すりおろしたパルミジャーノレッジャーノと塩と少しのオリーブ油を加えて回して完成!

【コツ、ポイント】1週間程度はもちますが、冷凍保存するのがおすすめです。松の実以外でも、カシューナッツやピスタチオがよく使われます。 バジルではなくルッコラもおいしいのでぜひお試しを!

そして、このジェノベーゼペーストを使って作ったのが、

タラのムニエル ジェノベーゼソース

たらのバジル

切り身に塩こしょう、小麦粉をはたいてフライパンで両面焼き、
さらにジェノベーゼペーストをたっぷり塗って少し焼きます。レモンを添えて、いただきます。
(写真はちょっと控えめすぎました・・・もっとたっぷり塗ってOKです)

瓶に入ったジェノベーゼペーストもたくさん売っていますが、
やっぱりフレッシュバジルで作ったモノは風味が全く違います!
パスタだけじゃなく、こうやってお魚や、他の魚介類、ポテト、パンなど、
色々なものに合わせることができます。
材料はスーパーで年中簡単に手にはいります。
オリーブ油はぜひおいしいエキストラバージンを使ってくださいね。

ちなみに、ジェノベーゼペーストは和えたらできるだけ火を通さないようにしてくださいね。
バジルもせっかく生をつかっているし、オリーブオイルの風味も加熱するととんでしまいます。

オリーブオイルといえば、
レストランなどでは、エキストラバージンのオリーブ油を仕上げ用に
少しまわしかけるというワザを使っています。
(よく料理の周りにかかっていることもありますよね)
あれは見た目だけなくて、最後の数滴のオリーブ油でおいしさがUPするんです、ほんとに!
逆に、最初に炒めて使うオリーブ油は高級なエキストラバージンじゃなくてもかまいません。
うまく使い分けてくださいね~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。