RNAがおくる世界の料理ブログ!!みんなが、お料理の楽しさに気づいてくれますように・・・☆
記事編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集
昨日今日は寒いけど、
週末は春のようなお天気でしたね☆

そういえばこの間の日曜日の午前中、
東松原駅おりてすぐのところにある羽根木公園で行われている
せたがや梅まつりにお散歩がてら行ってきました。

梅の花が早くも満開!!びっくり!!
春はもうすぐそこ・・・☆

P1060160.jpg

P1060161.jpg

ぽかぽかできもちよかった!
今週末も天気がよければいこうかな。

昨日は私もみんなのように旬の素材でお料理しようかなーと思い、
仕事を9時前に切り上げ閉店間際のスーパーにいったところ、
おすすめ素材が入っているはずのカゴが空っぽ!
鮮魚コーナーも品薄。
ショックゥ。
週末まで待つとしますか・・・。

代わりに美味しそうなアスパラをゲットしたので・・・
私のお気に入りのバジリコポテトのパスタに入れてみました。
鮮やかグリーンがきれいでしょ!

Cpicon アスパラとバジリコポテトの春パスタ

P1060214.jpg

材料:(2人分)

バジルペースト 大さじ3
じゃがいも 1個
アスパラ 3~4本
パスタ 200g
塩 少々
牛乳 50cc程度

【1】 じゃがいもは茹でて、熱いうちにマッシュし、
牛乳とバジルペーストの半分を混ぜる。
アスパラは4cm長さに切り、茹でておく。

【2】 茹でたパスタに残り半分のバジルペーストを和える。
1と合わせて、塩で味を調えてできあがり。

☆アスパラの代わりに、菜の花、ブロッコリー、カリフラワーなどの野菜でもOK。
☆ささみ、たこやイカ、白身魚なども合います。
パスタは太めのスパゲッティ、リングイネ、フジッリなどが合います。

P1060215.jpg

ホントはジェノベーゼペーストをもっと入れたかったんだけど、
あんまり残ってなかったからちょっと少なめ・・・

じゃがいもを茹でるのが面倒だったので、
お湯を加えるだけでできるマッシュポテトを使用。これ便利。

このパスタはお父さんがよく作ってくれたもので、なんだか懐かしい味。
炭水化物×炭水化物だからおなかもいっぱい。
夜より昼向きかな?

ジェノベーゼポテトだけでも立派な一品になりますよ~☆


応援宜しくお願いします★ いつもありがとう(^^)v

記事編集
以前作った、餃子の皮でラビオリをちょっとアレンジして、
今回はトルテリーニにしてみました。
中身はカッテージチーズ・おから・刻んだアンチョビ。

P1060098.jpg

この青汁のような緑のソースは、ほうれん草です!
名付けてポパイソース★

ほうれん草(ざく切り) 400g
玉ねぎ(薄切り) 1/2個
にんにく(薄切り) 2片
オリーブ油 大さじ1
水 200cc
固形コンソメ 1個
塩 小さじ1弱
コショウ 適量

炒めてフードプロセッサーにかけるだけ!
私はこのグリーンソースが大好きで、
いつも作るときは多めに作って冷凍しておきます。
カレーのスパイスを入れてサグチキンやサグパニール(ほうれん草カレー)にしたり、
シチューに入れたり、魚介類のムニエルのソースにしたり、ベジマフィンに入れたり。
鮮やかなグリーンでぱっと目をひく料理になるので、
おもてなしの時にはよく登場します。


ところで私は冷凍庫がスカスカだとかなり心配になってしまいます。
なので何でもかんでも冷凍してしまう傾向があるんですが、
何なのかわすれてしまって、不明なものがいくつかあります。
解凍してみないと何なのか分からないっていう笑。
みなさんもそういうのないですかー?

とりあえず冷凍庫に必ず入れていないと不安になるもの:
鶏肉
魚、えび
緑の野菜
ごはん
アイスクリーム

これらさえあれば、とりあえずちゃんとした食事ができるから!


いつも遊びに来てくれてありがとうございます!
クリックお願いします★ thank u!これからもどうぞよろしく~!!



記事編集
今日のパスタは、レモンクリーム

P1050836.jpg

ぱぴさんが、レモンクリームパスタが好きっていっているのを聞いて、
食べてみたくなって作ってみました。アイディアをありがとうございます♪
基本は普通のクリームソース、それにレモン果汁とレモンの皮をかけただけ。
さっぱり、さわやかな味!!(^^)女の子っぽいパスタ。
あえて具はブロッコリーと玉ねぎだけにして、レモンの黄色を強調してみました。
あと今日は牛乳と生クリームをきらしていたので、代わりに豆乳。
豆乳でもちゃんとクリームソースになるもんだね♪

ベーコン、エビ、ホタテ、チキンなど、
野菜だったらアスパラ、きのこが合いそう。


あとあともう一品!
そらのカナタさんの今日の晩ごはんをまねっこ。
火影さんに教えてもらったレシピだそうで!
ゆず胡椒、醤油、みりんのタレで照り焼き風にしたチキンです!!

P1050840.jpg

ご飯に合う~!!大変おいしゅうございました。

ゆず胡椒は大好きで、お豆腐、ドレッシング、お刺身、鍋物、うどん、納豆、などなど
色んなものに使います。辛党ですから、その消費量もすごいです。笑
ゆず胡椒ってちょっと入れるだけで味を大変身させられる優れモノ!
塩味、味噌味、醤油味、マヨ、クリーム、オリーブ油、、、何にでもあうオールマイティ!
実はすごい便利な調味料かも。
色々レシピ開発しがいがありそう!


さてさて、いっそがしい一週間がやっとおわりました。
昨日も一昨日も帰りが12時すぎ・・・つかれた・・・

そして明日はおもちつき大会。
明後日は春節パーティーと称して飲茶大会。
楽しみ!!
疲れてるのにわくわくして寝れない金曜日の夜。
記事編集
今日は冷凍庫に大事にとってあった、
RINAパパパスタで、ナスのミートソースを★

P1050825.jpg

パパパパスタは、自家製です。
製麺機を使ってのばして切っています。
5mmくらいの、うどんのような太い麺。もちもちして、ソースによく絡みます。
その日の天気や湿度によって粉の状態が違うといって、
いつも加水率や粉の量をグラム単位で微調整して、作ってるんですよー。
私なんていつも料理は目分量で適当。
でも粉物ってそうはいかないんですね。。。

生パスタのおいしさを味わってしまうと、乾燥パスタがおいしく感じられない・・・。
自分の家で生パスタをつくりたいなーと思う今日このごろ。
ニョッキはつくれるんだけどね。家庭用パスタマシーンがほしいな。こういうの。
これがあったらパスタだけじゃなくて、ラーメン、うどん、そばも作れるよね。


ソースは即席。
パパ直伝のトマトソースをいつも常備しているので、それに手を加えただけ。
トマトソースはじつに簡単なんだけど、ほんとにおいしくて、便利。

Cpicon 万能トマトソース★サルサ・ポモドーロ

材料:(パスタソースだと2~3人分)

オリーブ油 大さじ1と1/2
にんにくのスライス 1片分
乾燥唐辛子 1個
玉ねぎ 1/2個
ダイスorホールトマト 1缶 (できればイタリア産)
オレガノ等イタリアンハーブ 少々
塩 小さじ1/2
固形コンソメ 1個

【1】 鍋にオリーブ油、唐辛子、にんにくを熱し、香りが出たらみじん切りの玉ねぎを炒める。
【2】 玉ねぎに火が通ったらトマト、コンソメを加え、水分がある程度飛んだら、塩で味を調える。


トマトソース系のものを作るときには、いつもこれを使います。
今日のナス&ミートソースは鍋にひき肉とナスをいためて、コレをおたま1杯いれただけ!
それで一気にミートソースに変身です♪

市販のトマトソースは便利だけど、なんか甘いし、
色んな保存料や化学調味料が入っているので、後味が悪い。
このトマトソースはさっぱり系、一緒に調理する素材の味を十分に生かすことが出来ます。

トマトソースってシンプルなのに、なかなかおいしいのにめぐり合えません。
シンプルな料理こそ、むずかしいですよね。
記事編集
餃子の皮で創作料理

思い浮かんで作ってみたのは、ラビオリ!!
卵が入っていないパスタだと思えば・・・。

rabiori1
いいオトナが食べ物であそんじゃいけないのは分かっているけど、
色々やってみたくなっちゃうんだな。
私にとっては料理も立派なアート作品!!
クリエイティブにいかないとね。

Cpicon 餃子の皮で★おから・ドライトマト・リコッタチーズのラビオリ

材料:(1人分)

おから 1/2カップ
リコッタチーズorカッテージチーズ 50g
ドライトマト(オイル漬けを使用) 3枚
バジルorオレガノ 少々
塩こしょう 少々
餃子の皮 8枚前後
■ 好みのパスタソース(トマト系、クリーム系、バジルペースト、オリーブペースト、アンチョビ等)
パルメザンチーズ お好みで

【1】 ドライトマトは細かく刻む。リコッタチーズ、おから、バジルと合わせ、塩こしょうで味付けする。パルメザンを入れても良い。
【2】 餃子の皮におさまる程度のフィリングを手で軽くボール状にまとめ、包んでいく。茹でる際中身がでないようしっかりくっつける。
【3】 2分程茹でればできあがり。 お好みのソースと和えてどうぞ★

こちらは黒オリーブ・にんにく・塩こしょうをペーストにしたものを和えました。
ラビオリらしくない形にあやしい黒いソース・・・言わなきゃ何かわからない・・・
rabiori2

トマトソース、バジル、そしてEXバージンオリーブ油。
EXバージンはごま油のように仕上げにちょっとたらすだけでおいしくなります。
パスタソースで最初炒める時につかうのは普通のオリーブ油、
仕上げ用はちょっといいEXバージンと使い分けます。

P1040947.jpg

ジェノベーゼも合います。
P1040945.jpg


と、日本人なら必ずなにかソースをつけてしまうけど、
欧米人ならきっと、オリーブオイルかバター & チーズをたっぷりかけて食べるっていうスタイル。

特に面倒くさがりな人が多いイギリスのスーパーは、
こういった詰め物がしたパスタがいっぱい売っています。
乾燥のも生のもあるんだけど、いずれにしても茹でるだけで、
たいていみんなこんな感じで食べているようです。
パスタソースを用意するのも面倒くさいorできない人には嬉しい商品。笑
ほうれん草&リコッタ、きのこ、トマト系の詰め物がメジャーかな。

それにしても餃子の皮って楽しいな~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。